News

サットサンガ「マントラ」

「マントラ」 ~マントラの意義と重要性~
ヴェーダーンタ・マントラの重要性についての講話

2017年6月4日(日) 14:30-16:30 京都・梅小路公園内緑の館

☆お申し込み ⇒ 申込みフォームよりお申し込み下さい。(クリックすると開かれます)

Om shanti

Om shanti

☆内容

何千年も昔にインドの聖者達は言葉の不思議な力を発見しました。
聖者たちは更にその言葉の力を、科学者の様に深く研究し、実験し、
マントラ-聖なる言葉と音のもつ、深淵な真理を見つけていったのです。
マントラはタントラ(ヒンドゥーにおける密教)で集大成されたと考えられていますが、
他の宗派でもマントラは大変重要なものとされ、修行に使われています。

今回の講話では、「マントラ」の意義、そしてそれが霊性の修行で
いかに使われているかを、サッティャローカーナンダ師より
分かりやすく説明していただきます。

サッティャローカーナンダ師はラーマクリシュナ・僧団に属する日本人の僧で、
1976年にインドで出家されて以来、41年以上ヴェーダーンタを中心とした、
ヒンドゥー教の教えの中で生きてこられている方です。

お茶席

お茶席

☆対象
ヨガやヴェーダーンタの教え、マントラなどに興味のある方、

またこれから少しづつ学んでいきたいと思われる方にとって
最適な内容になっています。
ヨーガの経験などは問いません、どなた様でもお気軽にご参加下さい

昨年のサットサンガの様子はブログの方にアップしております。
ブログはこちら

☆日時 2017年6月4日(日) 14時半開始~16時半終了(受付14時~)

☆会場 京都市梅小路公園内「緑の館・1Fイベント室」
⇒梅小路公園、園内マップ

☆アクセス交通アクセス
京都市下京区観喜寺町56-3

TEL : 075-352-2500

緑の館

緑の館

 

☆講師 スワーミー・サッティャローカーナンダ師
1976年インドで最大の僧団ラーマクリシュナ・ミッションに 入団。
日本人としては二番目の出家者となる。
1985年ブラマチャリヤ(修行僧)からスワーミー(出家僧) としての称号を受ける。
スワーミー・ランガナーターナンダ前院長の秘書として長年 師事し、修行を続ける。
大聖ラーマクリシュナ、スワーミー・ ヴィヴェーカーナンダの思想、
インド 哲学、ヒンドゥー思想などを研鑽。
現在シンガポール、ラーマクリシュナ・ ミッション副院長。
国内外で ヴェーダーンタの教えを伝える。

サッティヤローカナンダジ

サッティヤローカーナンダジ

サッティャローカーナンダジ

サッティャローカーナンダジ

サットサンガ

サットサンガ

☆内容 マントラについての講話

☆お申し込み方法 ⇒ 申込みフォームよりお申し込み下さい。(クリックすると開かれます)
もしリンクが見れない場合は、以下の内容をご入力いただき、
unionyogatoshi@gmail.comまでメールをお送り下さい。
件名に「マントラの重要性」とご記入下さい。
①お名前(代表者)
②お電話番号
③メールアドレス(PC及び携帯)
④参加人数・各人のお名前
お申し込みをいただいた方には、こちらから折り返しご連絡をいたします。
通常、数日以内には返信いたしますが、万が一返信の無い場合は、
お手数ですが、下記よりお問い合わせ下さい。

また、万が一キャンセルをされる場合はお早目のご連絡をお願いします。

☆お問い合わせ先 Union Yoga japan 児玉 俊彦
メール:unionyogatoshi@gmail.com
or
こちらへ⇒contact
H.P. 「Union Yoga japan

☆ 定員 60名

☆ 締め切り 6月2日(金)   定員に達し次第締め切りとさせていただきます。

☆参加費 3,000円
(参加費は当日お持ちください)

☆持ち物 筆記用具をお持ち下さい。
(座学になりますので、ヨーガマット等は不要です。)

 

人生に豊かな示唆を与えてくれるヴェーダンタの教えが、スワミジの素晴らしいお話や
お人柄と共にたくさんの方々に伝わっていくことを願って。

灯

Hari Om Tat Sat

Toshi